立憲民主党新潟県連は26日、新潟市中央区で常任幹事会(常幹)を開き、知事選(5月12日告示、29日投開票)での独自候補の擁立断念を決めた。打診した人物との交渉が難航したため。他の野党などから候補が出る場合は、あらためて対応を検討する方針。

 常幹は冒頭を除き非公開。終了後、県連の菊田真紀子代表(衆院新潟4区)は報道陣に「勝てる候補として意中の方と交渉してきたが、残念ながら立候補に至らなかった。もう…

残り833文字(全文:1042文字)