【2022/01/13】

 2021年12月11日。十日町市松代の城山をなだらかに上っていく農道から入った、かつて棚田だったわずかな平地に、イリヤ&エミリア・カバコフの新作「手をたずさえる塔」が完成し、オープニングイベントが行われました。

 基幹部は直径3・5メートル、高さ7・5メートル、灯(あか)りのオブジェは高さ7・5メートル。基幹部の内部には、カバコフが2005年から取り組んでいる子どもたちの描…

残り1870文字(全文:2087文字)