浮世絵「絵紙」を背景にひな人形を飾る「ひいな祭り」=2022年02月27日、小千谷市城内1のサンプラザ
浮世絵「絵紙」を背景にひな人形を飾る「ひいな祭り」=2022年02月27日、小千谷市城内1のサンプラザ

 絵紙(えがみ)と呼ばれる浮世絵をひな人形の周りに飾る風習を紹介する「絵紙と小千谷のひいな祭り」が、新潟県小千谷市内の商店街などで開かれている。各会場では、壁一面に飾られた色鮮やかな絵紙が、ひな人形の華やかさを引き立てている。

 市民有志でつくる実行委員会が主催。絵紙の風習は、江戸時代に小千谷縮の取引で江戸を訪れた商人が、お土産として持ち帰った錦絵数枚をつなぎ合わせ、飾りにしたことが始まりとされてい…

残り298文字(全文:507文字)