新潟県新発田市で新型コロナウイルスを原因とする不安から小中学校を欠席した子どもが昨年4月〜今年1月末の10カ月間で476人に上ったことが、分かった。1月末時点で学校を30日以上欠席した不登校の小中学生も2020年度の同じ時期より2割ほど増加した。

 2月28日の市議会2月定例会の一般質問で、工藤ひとし教育長が渡邉葉子氏(つなぐ会)に答えた。

 不安で欠席した476人のうち、小学生は364人。全児童の…

残り332文字(全文:549文字)