スプリックスの若手社員に取材する学生記者たち=2月28日、長岡市城内町2
スプリックスの若手社員に取材する学生記者たち=2月28日、長岡市城内町2

 進学や就職を機に新潟県を離れた若者が戻りやすい環境を整えようと新潟日報社などが今春始める「にいがた鮭(さけ)プロジェクト」で、地域の魅力を若い世代に届ける学生記者が県内で取材活動を始めた。長岡市では2月28日、学習塾大手「スプリックス」の若手社員に地元就職を決めた理由などを尋ね、熱心に耳を傾けていた。

 鮭プロジェクトは、ウェブサイトやSNS、イベントを通じて本県の魅力をPRする取り組み。4月1日…

残り343文字(全文:552文字)