ロシアのウクライナ侵攻により、木材、エネルギー、食品、金融と幅広い分野の新潟県内の関係企業が影響を注視している。停戦交渉は難航が必至。現段階で影響は出ていないとはいえ、今後輸入ができなくなったり、燃料価格が高騰したりした場合、業績悪化につながりかねず、関係者は神経をとがらせている。

 上越木材興業(上越市)は建物や住宅に使う木材を扱い、55%をロシア産に頼っている。日米欧はロシアに対し、経済制裁と…

残り556文字(全文:765文字)