日本穀物検定協会(東京)は2日、2021年産米の食味ランキングを発表した。新潟県産コシヒカリは6銘柄のうち、魚沼、上越、岩船の3銘柄が最高ランクの「特A」と評価された。魚沼は4年連続、上越は9年連続。岩船は20年産が一つ下の「A」だったが、2年ぶりの復帰となった。

 ランキング発表は51回目。協会が選抜した専門評価員20人が試食し、複数産地のコシヒカリをブレンドした「基準米」と比べて香り、味、粘り…

残り522文字(全文:731文字)