本番会場で練習し、雪の感触を確かめる出来島桃子(右)=2日、張家口(共同)
本番会場で練習し、雪の感触を確かめる出来島桃子(右)=2日、張家口(共同)

 北京冬季パラリンピックが4日、開幕した。新潟県勢は日本女子では最多タイとなる5大会連続出場の出来島桃子(47)が5日、初戦のバイアスロン女子立位6キロに臨む。ストイックに競技に向き合ってきたベテランは「できることを継続してきた。入賞を目指し、悔いのない大会にしたい」と意気込んでいる。

 新潟市西区出身の出来島は19歳で右脇下の腫瘍が見つかり、手術後に右腕が不自由になった。新発田市役所で働きながら国…

残り623文字(全文:832文字)