楽天戦に先発した阪神・桐敷=甲子園
楽天戦に先発した阪神・桐敷=甲子園

 [阪神3—1楽天]“本拠地デビュー”をあいさつ代わりの快投で飾った。阪神のドラフト3位新人、桐敷拓馬(新潟医療福祉大)がオープン戦2戦目で初先発。4回を内野安打1本の無得点に抑え、3三振を奪い「自分の投球ができた。ストライク先行のカウントで勝負できたことが収穫」と涼しい顔で言った。

 埼玉・本庄東高時代から縁がなかった甲子園のマウンドは「独特な雰囲気だった」という。いきなり西川に四球を与えたが「ア…

残り261文字(全文:470文字)