終局後、感想戦で対局を振り返る永瀬拓矢王座。手前は渡辺明棋王=6日、新潟市中央区の新潟グランドホテル
終局後、感想戦で対局を振り返る永瀬拓矢王座。手前は渡辺明棋王=6日、新潟市中央区の新潟グランドホテル

 将棋の渡辺明棋王(37)に永瀬拓矢王座(29)が挑戦している第47期棋王戦5番勝負第3局(新潟日報創業145年・創刊80周年記念)は6日、新潟市中央区の新潟グランドホテルで指され、午後5時54分、87手で先手永瀬王座が勝ち、シリーズ初勝利を挙げて対戦成績を1勝2敗とした。渡辺棋王は10連覇に王手を懸けていたが、本局での達成はならなかった。

 戦型は「角換わり腰掛け銀」。難解な中盤戦が続いたが、すき…

残り196文字(全文:405文字)