西村京太郎さん
西村京太郎さん

 トラベルミステリーの第一人者で「十津川警部」シリーズで知られる作家の西村京太郎(にしむら・きょうたろう、本名矢島喜八郎=やじま・きはちろう)さんが3日午後5時5分、肝臓がんのため神奈川県湯河原町の病院で死去した。91歳。東京都出身。葬儀は近親者で行った。後日、お別れの会を開く。喪主は妻瑞枝(みずえ)さん。

 作家を志して人事院を退職し、1963年「歪(ゆが)んだ朝」でオール読物推理小説新人賞、65…

残り477文字(全文:686文字)