福島県大熊町の新成人向けにアルバムを共同で作った遠藤瞭さん=3日、新潟市中央区
福島県大熊町の新成人向けにアルバムを共同で作った遠藤瞭さん=3日、新潟市中央区

 2011年の東京電力福島第1原発事故で、町の大半が帰還困難区域に指定されている福島県大熊町。そこで生まれ育ち、今は新潟市西区で学生生活を送る遠藤瞭(りょう)さん(21)の元に、1冊のアルバムが届いた。昨年、成人を迎えた遠藤さんらが制作した。「大熊町で暮らした証しを残したい」。町内での運動会や避難先での授業風景など100枚以上の写真を収録し、分断された20年の人生をつなぎ直した。事故から間もなく1…

残り1027文字(全文:1228文字)