オンライン形式で実施した合同フォーラム=6日、新潟市北区の医療福祉大
オンライン形式で実施した合同フォーラム=6日、新潟市北区の医療福祉大

 新潟水俣病を学んでいる新潟県内3大学の学生が取り組み成果を発表する合同フォーラムが6日、オンライン形式で開かれた。水俣病の歴史をどう次世代につなぐかを考え、教訓を生かした社会づくりについて意見を交わした。

 新潟水俣病は1965年、阿賀野川流域で公式確認され、現在も患者認定を巡る裁判が続いている。

 フォーラムは新潟大、県立大、新潟医療福祉大が主催し、約50人が参加した。

 新潟大の学生は、水俣病と東…

残り310文字(全文:535文字)