スノーボードの生産工程を見学する(左から)冨田せな、平野流佳、戸塚優斗の各選手=7日、長岡市塚野山
スノーボードの生産工程を見学する(左から)冨田せな、平野流佳、戸塚優斗の各選手=7日、長岡市塚野山

 北京冬季五輪のスノーボード女子ハーフパイプで銅メダルを獲得した冨田せな選手(22)=妙高市出身=ら3人の五輪出場選手が7日、ヨネックス(東京)の新潟工場(長岡市塚野山)を訪れた。大舞台で使用したスノーボードの生産工程を見学した。

 長岡市が創業の地である同社は、1995年にスノーボード業界に参入。テニスやバドミントンのラケット製造で培ったカーボン素材の成形技術などを応用して、板の開発に取り組んでい…

残り387文字(全文:596文字)