亀田製菓が開発した代替肉を使ったビーフシチュー(右)とカツカレー
亀田製菓が開発した代替肉を使ったビーフシチュー(右)とカツカレー

 亀田製菓(新潟市江南区)が米菓以外の食品事業の拡大に力を入れている。グループ会社とともに「植物性の代替肉」「米粉パン」「コメ由来の乳酸菌」の三つについてブランドを立ち上げ、新商品を発売することを7日、発表した。各ブランドを発信するため、専用ロゴマークを用意。主力の米菓と並ぶ新たな事業の柱にしたい考えだ。

 世界的な人口増加などで食肉不足が懸念される中、地球環境保護や健康志向の高まりを背景に、同社は…

残り529文字(全文:738文字)