出来島桃子選手を応援するPV会場。母親のまり子さん(手前左から2人目)も見守った=8日、新発田市役所
出来島桃子選手を応援するPV会場。母親のまり子さん(手前左から2人目)も見守った=8日、新発田市役所

 北京冬季パラリンピックのバイアスロン女子10キロ立位で、新潟県新発田市役所の出来島桃子選手(47)が10位となった8日、市役所ではパブリックビューイング(PV)が行われ、母親のまり子さん(74)や市職員ら約60人が熱戦を見守った。

 出来島選手は右手に障害があり、1998年の入庁後、本格的に競技を始めた。仕事と競技を両立させ、今回で5大会連続出場。

 PVでは、二階堂馨市長や市内のスポーツ関係者らも…

残り316文字(全文:533文字)