2017年に加茂暁星高校(新潟県)野球部2年の女子マネジャー=当時(16)=が部活のランニング後に倒れ、死亡したのは適切な救命措置を怠ったからだとして、遺族が学校と当時の監督に約6340万円の損害賠償を求めた訴訟が9日、新潟地裁(篠原礼裁判長)で和解した。学校側が再発防止に努めると誓約したほか、和解金300万円を支払うなどとした。

 原告側代理人によると、和解条項には、学校側が和解金を支払い、女子…

残り358文字(全文:567文字)