原発再稼働問題について議論した会合に参加する片桐奈保美氏(左から2人目)。野党や市民団体の関係者が出席した=1月、新潟市中央区
原発再稼働問題について議論した会合に参加する片桐奈保美氏(左から2人目)。野党や市民団体の関係者が出席した=1月、新潟市中央区

 任期満了に伴う新潟県知事選(5月12日告示、29日投開票)は、脱原発を訴える市民団体会長で会社役員の片桐奈保美氏(72)=新潟市西区=が出馬の意向を固めたことで、選挙戦となる公算が大きくなった。片桐氏が立候補の意を強くした背景には、花角英世知事の原発問題に対する姿勢への不満や、国政野党による対抗馬擁立が難航していたことがある。片桐氏の選挙に向けた態勢づくりはこれからで、野党勢力を中心にどこまで支…

残り1143文字(全文:1344文字)