新潟県は10日、災害時の非常用電源として電動車を避難所などに派遣してもらう協定を三菱自動車工業(東京)、東日本三菱自動車販売(同)、県内販売4社のグループと結んだ。県庁で締結式を行い、花角英世知事と各社関係者が協定書に署名した=写真=。

 三菱自動車工業と全国の自治体の間で同様の協定を結ぶ動きが広がっており、都道府県では本県が22例目。2019年に台風で千葉県が大規模停電した際、同社が福祉施設など…

残り304文字(全文:513文字)