スマートアグリ・リレーションズによる原料米の栽培作業。浪江町でのライスレジンの生産に向けた構想が動き出している=2021年秋、同町
スマートアグリ・リレーションズによる原料米の栽培作業。浪江町でのライスレジンの生産に向けた構想が動き出している=2021年秋、同町

 福島県浪江町で、新潟県発の技術を使った農地再生と新産業創出の取り組みが進んでいる。南魚沼市で植物由来のプラスチック素材を製造してきたバイオマスレジンホールディングス(HD、東京)などによるバイオマスプラスチックの生産だ。東京電力福島第1原発事故による帰還困難区域が残る同町。同HDは、環境に優しい「脱炭素」の素材を生む場に変えることで、被災地の再興を支えていきたい考えだ。

 同HDは、2017年に前…

残り772文字(全文:981文字)