糸魚川市は10日、5〜11歳の新型コロナウイルスワクチンの接種について、今月22日にも開始する方針を示した。10日開かれた市議会3月定例会の市民厚生常任委員会で説明した。

 市によると、市内の対象者は1892人で、米ファイザー製の小児用ワクチンを使用する。4医療機関での個別接種と1医療機関での集団接種で対応する。10日に接種券を発送した。

 個別接種のうち、市内の二つの小児科医院は、接種券が届いた時…

残り141文字(全文:358文字)