11日午後4時前、新潟県十日町市葎沢(むぐらさわ)の国道353号で雪崩が起きていると、通行人から市を通じて県十日町地域振興局に通報があった。同振興局によると、国道は約40メートルにわたり、高さ1・5〜3メートルの雪でふさがれた。けが人はいなかった。

 同国道は十日町市高道山(こうみちやま)と南魚沼市上野(うわの)の間で通行止めとなっており、解除のめどは立ってない。迂回(うかい)路があり、孤立集落は…

残り111文字(全文:320文字)