大糸線の車両
大糸線の車両

 新潟県糸魚川市が事務局を務めるJR大糸線の活性化協議会が募集している「大糸線応援隊」の入会者が着実に増えている。年明けに鉄道関係者がブログで紹介したほか、2月初旬、大糸線の一部存廃論議が報道されて以降、申し込みが相次ぎ、昨年末に500人だった隊員が、年明けからの2カ月間で3倍増の1600人となった。関係者は思わぬ“隊員増”に驚いている。

 大糸線活性化協議会は、糸魚川市や長野県大町市、新潟、長野両…

残り472文字(全文:681文字)