サッカーJ2のアルビレックス新潟は社会貢献活動の一環で、ひとり親世帯や児童養護施設への継続的な支援を実施する。ひとり親家庭を対象に、支援策などについてのアンケートを募集している。

 プロジェクトは田上大地選手が発起人。田上選手は中学1年時に父親を亡くし、ひとり親家庭で育った経験から企画した。クラブを通じて「アンケートから、現状の問題に寄り添っていきたい」としている。回答を参考に、今後の活動内容を決…

残り78文字(全文:287文字)