13日午後5時半すぎ、JR東京駅で出発前清掃中の上越新幹線とき337号(東京発新潟行き)で、発煙しているモバイルバッテリーが見つかった。JR東日本は車内点検のため、337号を運休した。火は出ず、けが人はいなかった。

 JR東日本によると、清掃担当者が座席に挟まった状態で煙を出しているバッテリーを発見。スマートフォンの充電用とみられる。約300人に影響した。