関川村で生息が再確認されたトミヨ属淡水型(提供写真)
関川村で生息が再確認されたトミヨ属淡水型(提供写真)

 新潟県の第2次レッドリストで絶滅危惧Ⅰ類に指定され、関川村では絶滅したとみられていた希少な淡水魚「トミヨ属淡水型」が村内で再確認された。国土交通省羽越河川国道事務所が13日までに明らかにした。

 荒川流域には、たんぽと呼ばれるわき水がたまる地形が複数ある。地元NPO法人、漁協、同事務所などでつくる「荒川たんぽの保全・創出検討会」が昨年10月に荒川流域の13地点をモニタリング調査したところ、関川村で…

残り274文字(全文:483文字)