ウイルス禍後に向かって豪雪地の夜空を染めた「虹雪花火」=十日町市
ウイルス禍後に向かって豪雪地の夜空を染めた「虹雪花火」=十日町市

 新型コロナウイルス禍で奮闘する地域住民に感謝の思いを届けようと、新潟県十日町市で12日夜、「虹雪花火」が打ち上げられた。華やかな光と音が、豪雪の町の上空を染めた。

 花火は、2月の十日町雪まつりに合わせて市が打ち上げを計画していたが、まつりが中止となったことから、地域の盛り上げと、ウイルス収束後に向けた市のPRも兼ねて実施した。

 薄闇が広がり始めた午後6時20分ごろ、信濃川右岸の妻有大橋そばの広場…

残り216文字(全文:433文字)