紅葉シーズンを控えた新潟県弥彦村の弥彦公園で10月30日から、夜間のライトアップが行われる。従来は公園内の観月橋だけだったが、公園全体にエリアを広げた。池周辺の木々もライトアップされ、水面に紅葉が映る「逆さ紅葉池」も新たな観賞スポットとして注目を集めそうだ。

【写真】30日にライトアップが始まる弥彦公園=27日、弥彦村弥彦(弥彦村提供)

 弥彦公園は県内有数の紅葉の観賞スポット。公園内にある「もみじ谷」のライトアップは10年ほど前から続けられ、昼間とは違った風情で人気を博していた。

 ただ、ライトアップされる場所が少なく、観光客が密集しがちだったため、密を避けて公園内を広く散策してもらおうと、村が8月から工事を進め、公園内に228個のライトを取り付けた。村観光商工課は「一本一本の木にライトを当て、足元灯も増設した。歩きやすく、紅葉もより美しく見えるようになった公園を楽しんでほしい」としている。

 リニューアル工事の完成式でプレ点灯され、秋のすっきりとした夜空の下、ほのかに色づき始めた木々が輝きを放っていた。公園を友人と散策していた長岡市の会社員(26)は「美しい和の風景がライトアップで魅力を増している。もう少し紅葉が進んだらまた訪れたい」と楽しみにしていた。

 弥彦村の紅葉は11月上~中旬に見頃を迎える見込み。ライトアップは11月23日まで。午後5時~9時。

弥彦公園
場所:新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦667-1
(一社)弥彦観光協会ホームページ:https://www.e-yahiko.com/

■関連記事» にいがた、びより 弥彦観光のお供に、国内外のお菓子はいかが♡ 弥彦駅内にセレクトショップ「AMANE」オープン