新潟市秋葉区の商店街で買い物をすると、抽選で鉄道グッズやSL車庫見学が当たる「鉄ぶら抽選会」が10月末まで、同区のにいつ鉄道商店街などで開かれている。JR新津駅によると、駅と地域が連携した取り組みは珍しい。新型コロナウイルス禍で近隣を巡る「マイクロツーリズム」が注目される中、県内からの鉄道を使った誘客につなげたいとしている。

【写真】JR新津駅構内の「鉄ぶら抽選会」案内コーナー=新潟市秋葉区

 新津駅が昨年に続いて企画した。にいつ鉄道商店街や区、新津観光協会と「にいつ街歩きプロジェクト事務局」をつくり、「鉄道のまち新津」を打ち出す。

 今年は荻川駅周辺の店も加わり、参加店は93店と昨年より35店増えた。参加店で500円の買い物をするごとにスタンプを1個獲得。異なる3店のスタンプ3個で1回抽選ができる。新津駅で下車する場合も押印される。

 景品には、「SLばんえつ物語」の車庫見学(1等・20人)がある。12月中旬に見学会を開き、現役機関士の解説を受けながらSLを間近で見られる。ほかにも、手拭いやバッグなど鉄道グッズが当たる。

 企画を担当する新津駅の大江龍一さん(38)は「『鉄ぶら』をきっかけに新津に来てもらい、新津の魅力を発見してほしい」と呼び掛けている。

 抽選会は新津駅東口「あ!キハ観光案内所」(火曜休み)で実施。参加店のマップは新津駅、区役所などで配布している。

鉄道の街にいつをぶらぶら歩いて抽選会「鉄ぶら抽選会」
抽選会場:あ!キハ観光案内所(新潟市秋葉区新津本町1丁目1(新津駅東口:旧びゅうプラザ新津))
ホームページ: https://www.niitsu.info/tetsubura/