野生下で今季初めて営巣が確認されたトキのペア=17日、佐渡市(環境省提供)
野生下で今季初めて営巣が確認されたトキのペア=17日、佐渡市(環境省提供)

 環境省は17日、新潟県佐渡市の野生下で生息するトキの営巣を今季初めて確認したと発表した。全体では100組程度のペアが形成されており、繁殖活動が本格化していくとみられる。

 環境省によると、巣を作ったのは放鳥された4歳雄と7歳雌のペアと、野生下で生まれた年齢不明のペアの2組。同日午前6時前から6時半すぎにかけて、新穂地区の雑木林で巣を整える様子が確認された。

 昨季、佐渡市の野生下では147組が営巣し…

残り124文字(全文:341文字)