新潟県阿賀町石間の道の駅阿賀の里に、同町産カブトムシやクワガタムシなどを売る「阿賀クワカブ販売所」が期間限定でオープンしている。販売所を開いた同社の遊覧船船長を務める清野博さん(47)は、「子どもたちに親しんでほしい」と話している。

【写真】道の駅阿賀の里で期間限定で営業している「阿賀クワカブ販売所」。カブトムシを手にする清野博さん=阿賀町石間

 販売所は、阿賀の里入り口前の空きスペースに設けた。清野さんは、以前から趣味でカブトムシやクワガタを繁殖させ、乗船記念に子どもたちにさなぎをプレゼントしていた。

 メインで販売しているカブトムシは、町内で昨年採取した成虫が産んだ卵から今年誕生したもの。それ以外にも、清野さんが成虫を購入し自宅で繁殖させたものもある。同町産のカブトムシは雌300円、雄400円。つがいは500円。町産オオクワガタは3千円から。購入時には飼育方法を説明している。清野さんは「カブトムシの繁殖は意外に簡単。容器に土を多めに入れ、霧吹きなどで適度に湿らせておくと産卵し、来年も飼育できる」と言う。

 販売所の営業は、清野さんの本業である遊覧船運航終了後で午後4時ごろ~8時ごろ。不定休。9月末までの予定。

■関連サイト「道の駅阿賀の里」(外部サイトに移動します)