国土交通省は22日、2022年1月1日時点の公示地価を発表した。新潟県内の全用途平均変動率はマイナス0・8%で27年連続の下落となった。下落幅は前年比0・2ポイント縮小した。縮小は2年ぶりで、新型コロナウイルス禍による経済停滞が大きく影響した前年から、わずかに持ち直しが見られた。新潟市は、中央区の万代地区など商業地のほか住宅地でも伸び、前年横ばいだった全用途平均変動率はプラス0・4%。市町村別で…

残り569文字(全文:770文字)