柏崎刈羽原発
柏崎刈羽原発

 原子力規制委員会は23日の定例会合で、新潟県の東京電力柏崎刈羽原発の耐震対策の基礎になる「基準地震動」に関し、未知の地震に備えて改正された新たな地震動の評価手法に照らしても「変更の必要はない」とする東電の見解を了承した。

 基準地震動は、原発の耐震設計をする上で前提となる揺れのデータ。従来は過去に起きた地震記録などを基に設定されてきたが、昨年4月、「未知の地震」への対応強化のため、規制委が基準を改…

残り112文字(全文:321文字)