北朝鮮が新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射し、日本海の排他的経済水域(EEZ)内に落下したことを受け、拉致被害者家族は24日、「危機をあおっても北朝鮮が得るものは何もない」と非難した。拉致被害者家族会の結成から25日で25年となる中での暴挙。政府には「核・ミサイルに振り回されず、拉致問題にしっかり取り組んでほしい」と求めた。

 新潟市で拉致された横田めぐみさん=失踪当時(13)=の弟で、家…

残り396文字(全文:605文字)