知事選は自主投票とする方針を報道陣に説明する菊田真紀子・立憲民主党県連代表=21日、新潟市中央区
知事選は自主投票とする方針を報道陣に説明する菊田真紀子・立憲民主党県連代表=21日、新潟市中央区

 立憲民主党県連が新潟県知事選(5月12日告示、29日投開票)の対応について、特定の候補者を支援しない「自主投票」とすることに決めた。知事選には現職の花角英世氏(63)と、脱原発を訴える市民団体代表の片桐奈保美氏(72)が出馬を表明している。立民の支持団体である連合新潟が花角氏を支援する一方、国政選挙で共闘を進めてきた共産党と社民党の県組織が片桐氏を推薦する方針のため、両者に配慮した格好だ。ただ、…

残り1297文字(全文:1498文字)