市役所職員などになりすまし、税金や医療費が戻ってくると高齢者をだまして現金を振り込ませる「還付金詐欺」の被害が新潟県内で相次いでいるとして、県警が注意を呼び掛けている。

 県警安全安心推進室によると、還付金詐欺の被害件数は、昨年は年間11件だったが、今年は1〜2月に6件、3月も数件確認されている。同室は「3カ月で前年並みの被害が出ている」と指摘する。

 高齢者の自宅に市役所職員を名乗る電話があり、「…

残り112文字(全文:329文字)