消防署と地元消防団が共同で実施した林野火災の消火訓練。消防団は地域の安全を守る大切な役割を担うが、全国的に減少傾向が続く=6日、新潟市秋葉区
消防署と地元消防団が共同で実施した林野火災の消火訓練。消防団は地域の安全を守る大切な役割を担うが、全国的に減少傾向が続く=6日、新潟市秋葉区

 火災などの災害時に活動する消防団員の減少傾向が続いている。昨年春時点の新潟県の団員数は前年同期比1139人減の3万4323人。全国でもトップの兵庫県に次ぐ団員数を擁するものの、減少数は2年連続で全国最大となった。住民のライフスタイルの変化や、災害時の出動と訓練の負担感が要因とみられる。関係者はあの手この手のPR活動で参加を呼び掛けている。

 総務省消防庁によると、2021年4月1日時点の全国の消防…

残り984文字(全文:1193文字)