新潟に数多く見られるラーメン店。それぞれのお店が創意工夫を凝らし、独自のラーメンを提供しています。今号では、ここ1年の間にオープンしたお店から、こだわりの一杯をご紹介。ぜひあなた好みのラーメン、「推し麺」を探してみてくださいね。

手しごとの店 ちくら | 新潟市中央区 |

こしのある食感が自慢
居酒屋マスターの手打ち麺

 新潟市の古町エリアで約13年営業をしていた居酒屋「彩膳ちくら」が、店名を新たに新潟駅前に移転オープン!夜は居酒屋として営業する一方、昼は主にラーメンを提供している。「昔からラーメンが好きで、手打ちの自家製麺を使ってお出ししています」とマスターの鈴木敬さん。

中華そば(濃く味) 690円
豚骨のうま味と煮干しの香りが溶け合う濃いめのしょうゆスープが、縮れ麺によく絡む。奇をてらわない穏やかな味わいに、心癒やされるラーメン

 自慢の中太縮れ麺は手もみ仕上げ。ツルッとしていながらも、しっかりとこしがあり、食感の変化も楽しめる。定番「中華そば」のスープは煮干しが主なだしで、透明感のある「あっさり」、長時間煮込んだ豚骨と一緒にだしをとった「濃く味(こくあじ)」、まろやかな味わいの「背油」の3種から選べる。

 具は、程よく脂がのった豚バラ肉のチャーシューに、メンマ、ネギというシンプルな組み合わせ。ネギの上にのったユズの爽やかな香りが最後まで飽きさせない。優しくホッとする味のラーメンは夜も提供。飲んだ後の締めにもぴったりだ。

コチラもおすすめ!

中華そばセット 990円●中華そば+マスターおまかせ丼+ぬか漬けのセットメニュー(ランチ限定)。おまかせ丼の具は日替わりで、この日はブリ、おから、しらたきとタラコのあえ物だった

長いもそうめん 1,500円●包丁で極細切りにしたそうめんのようなナガイモ。つゆに浸して薬味と一緒にさっぱりとした味を堪能しよう(夜限定)

中央のキッチンを囲むようにカウンターが配されている。テーブル席、小上がり席もあり

テークアウトメニュー
●海老(えび)しんじょう湯葉茶巾蒸し(2個)/550円
●自家製からすみ/850円
●ちくらピザ/730円
※容器代は別途50円~

場所 : 新潟市中央区弁天1-1-16 サンテラス石宮 1階
電話 : 025(250)0380
時間 : 11:00~14:00、17:00~23:30(L.O.23:00)、土曜・祝日は11:00~23:30(L.O.23:00)、日曜は11:00~21:30(L.O.21:00)
休み : なし
インスタグラム @keisuzuki.chikura
ツイッター  @niigata_chikura

中華そば 西巻流 | 新潟市西区 |

自家製ペーストが決め手
香り高い煮干しスープ

 40年以上新潟でラーメンを作り続けてきた西巻孝さんが、昨年3月に開いた西巻流。この店の看板メニューは、3種類の煮干しを使った「煮干し醤油(しょうゆ)らーめん」750円だ。

煮干し醤油ちゃーしゅうめん 950円
厚切りチャーシューと濃い色味のしょうゆスープがインパクトあるラーメン。白髪ネギとカイワレのさっぱりとした風味がアクセントに

 だしに使う煮干しは、カタクチイワシの他に、えぐみが少なく上品な香りのヒラゴ(マイワシ)とウルメイワシ。さらにそこに手作りの煮干しペーストを加えることで、濃厚なスープが完成する。中細のストレート麺は、そんなスープとのバランスを考え小麦の香りをあえて控えめに。西巻さんの美学がぎゅっと詰まった一杯だ。

 また前日に3時間煮込んで作る厚切りチャーシューも店の名物。「不器用だから薄く切れない」と笑う西巻さんが仕込んだ、甘じょっぱい味と軟らかな食感が見事にスープと調和する。

 コチラもおすすめ!

ちゃーしゅうご飯 200円●バーナーであぶった香ばしいチャーシューの端材がたっぷりのったごはん。タレやマヨネーズとの相性も抜群

テーブル席とカウンター席が並ぶ、レトロで温かみある空間。煮干しの香りがふわりと漂っている

場所 : 新潟市西区亀貝80-3
電話 : 025(211)8450
時間 : 11:00~15:00(L.O.14:45)
休み : なし

吟醸味噌らーめん まごころ亭 海老ケ瀬店 | 新潟市東区 |

人気店待望の2店舗目!
グラマラスな味噌ラーメン

 「あしら」や「赤シャモジ」など、多様なラーメン店を展開する角中グループ。ことし1月、海老ケ瀬インターチェンジ近くにオープンした「まごころ亭」は同ブランドの2店舗目で、味噌(みそ)ラーメンに力を入れている。選りすぐりのみそ3種類をブレンドして作るスープは、豊かな風味と優しい甘さに思わずほっとする味わい。中太の自家製麺は3日間熟成させることで、小麦の香りやモチッとした食感を引き出している。

特製吟醸味噌らーめん 990円
50グラムの直火焼きチャーシューに、煮卵、メンマ、野菜炒め、フライドオニオン、こま切れの鶏肉など、ぜいたくなトッピングのみそラーメン

 「 まごころ亭のラーメンは『にぎやかさ』を大事にしており、一番人気の特製吟醸味噌らーめんは、さまざまな具をのせて、最後まで味の変化を楽しめるようにしています」と店長の長谷川和樹さん。卓上に置かれた十味唐辛子や塩昆布で自分好みの味にカスタマイズできるのもうれしい。

コチラもおすすめ!

角中のから揚げ(6個) 528円●グループ創業時から提供を続けている名物から揚げ。クリスピー食感の衣とジューシーな鶏モモ肉に病みつき!

木材をふんだんに使った明るい店内。みそだるの一部がインテリアとしてデザインされているのがユニーク

テークアウトメニュー
●角中のから揚げ(6個)/518円
●旨汁焼き餃子(5個)/389円
●チャーハン/734円
※容器代は別途22円~

場所 : 新潟市東区大形本町5-18-12
電話 : 025(250)0356
時間 : 11:00~24:30(L.O.24:00)、土・日曜・祝日は10:30~24:30(L.O.24:00)
休み : 不定休
https://kakunaka-g.com/shop/magokoroteiebigase

KUBO LABO | 燕市 |

意外な食材同士の組み合わせ
常に更新されていく味わい

 昨年6月、燕市にオープンしたKUBOLABO(クボラボ)。「手揉(も)み中華そば」をはじめとしたいくつかの定番メニュー以外に、内容が頻繁に変わる限定ラーメンを用意している。

手揉み中華そば 800円
ゆでる直前に手もみした麺は、モチモチ具合十分。チャーシューは、低温調理した豚の肩ロースと鶏ムネ肉の2種類がのっており、異なる味を楽しめるスープを引き立たせるのは、ほんのり香る紫色のシソの花

 「新しいラーメンを考えるのが好きで、お客さんにいつもワクワクを提供したいと思っています」と、店主の久保裕也さん。こうした発想には、かつて久保さんが居酒屋で働いていた頃の経験も生きている。「なるべく廃棄する食材が出ないよう、居酒屋ではその日に余りそうな材料で次の日の料理を考えていました。この限定メニューも同じ考え方で作っています」。

 温故知新がテーマだという手揉み中華そばのスープには、鶏や豚の他にアサリやポルチーニ茸など多様な食材が使用され、懐かしさの中に新しい息吹を感じさせる。まだ見ぬラーメンを求めて進化していくKUBOLABOの「今」を味わおう!

コチラもおすすめ!

チーズケーキ 150円●ラーメンの後に食べてほしいと、サワークリームやアンズジャムで、さっぱりと仕上げたチーズケーキ。食後にぜひご賞味あれ

カウンター席と、小上がり席が設けられた店内。子ども用の椅子や食器も用意されており、小さな子連れでも利用しやすい

テークアウトメニュー
●チーズケーキ/150円
●チャーシュー盛り合わせ/400円
●おつまみメンマ/300円
●煮卵(1つ)/100円
●ごはんもの各種
 ※価格は取材時のもの。4/1(金)から価格改定予定

場所 : 燕市水道町4-7-12
電話 : 0256(64)8035
時間 : 11:00~14:30、17:00~21:00(L.O.20:45)
休み : 日曜、不定休あり
インスタグラム @kubolabo
ツイッター @LaboKubo

Ramen DAISENMON | 五泉市 |

鶏だしに専門特化
濃厚スープの奥深い世界へ

 DAISENMON(ダイセンモン)は五泉市で接骨院を営む伊藤博之さんが始めたラーメン店。「新型ウイルス禍で遠出がしにくい今、地域の人に楽しみを提供したいと思い昨年夏にオープンしました」と伊藤さん。鶏だしに特化しており、中でも1日30杯限定のラーメン「鶏ドロ」は、丸2日間じっくり煮込んだ濃厚スープが特徴だ。コラーゲンを含むどろりとしたスープに負けないよう、麺は中太。栄養価の高い全粒粉を使用していて、食べ応えもある。

鶏ドロ(限定30杯) 880円
スープとよく絡む穂先メンマに、低温調理した豚ロースのチャーシュー。煮卵、イワノリ、ネギなど、種類豊富な具と濃厚スープの融合が見事

 「シンプルな鶏だしはごまかしがききません。おいしく仕上げるには丁寧な下処理が重要ですね」と伊藤さん。店名は、生後数年経つと閉じてなくなる赤ちゃんの頭蓋骨の隙間「大泉門」から取っており、お店自体も開店から3年以内(新型ウイルス感染症の終息をめど)に営業を終える予定なのだとか。幻のラーメンになる前にぜひ味わっておきたい一杯だ。

コチラもおすすめ!

台湾風まぜそば 800円●全粒粉の極太麺に、肉みそ、煮卵、チャーシュー、タマネギなどを混ぜて。ラー油の香りが食欲をかき立てる

大窓から光が注ぐ店内にはゆったりと席が配されている。テーブル席、カウンター席、小上がり席がある

場所 : 五泉市馬場町2-3-5
時間 : 11:00~14:00
休み : 土・日曜・祝日
インスタグラム @r.daisenmon

※assh 2022/3/24 掲載