出来上がった看板を前に談笑する荒川さんと日吉小学校6年生=長岡市鳥越
出来上がった看板を前に談笑する荒川さんと日吉小学校6年生=長岡市鳥越

 新潟県長岡市鳥越の日吉小学校6年生が、地域の歴史を紹介する木製の看板を地域住民と作った。日吉小は江戸末期の1865年、地域を治めていた上山藩が設けた「明新館支館」が前身。児童は学問に力を入れた先人の思いを受け止めながら、老朽化した看板を一新した。支館跡地にある石碑の脇に4月に設置する予定だ。

 日吉小の校区は、現在の山形県にあった上山藩が1818年から治めていた。有為な人材を育成しようと65年、七…

残り392文字(全文:601文字)