「お笑いを通して、多くの人と心を通わせることができた」と語る金子ボボさん
「お笑いを通して、多くの人と心を通わせることができた」と語る金子ボボさん

 新潟お笑い集団NAMARAの金子ボボさん(44)=新潟県胎内市出身=が3月末で芸人を引退し、聖書を伝える伝道師へと転身する。保育士資格を持ち、日本初の「保育士芸人」として23年間、県内800超の保育園や幼稚園を訪ね、笑顔を届けてきた。次なるステージはキリスト教会。「芸人らしく楽しく聖書を伝え、心の居場所をつくるお手伝いがしたい」。穏やかな笑顔に決意を込めた。(報道部・小熊隆也)

 保育士を志したの…

残り1295文字(全文:1504文字)