新潟トヨタ自動車(新潟市中央区)は30日、2020年3月10日〜22年3月9日までに、県内の5店舗で車検の検査を怠るなどの不正があったと発表した。対象は延べ500台に上る。同社は該当車両の持ち主に連絡し、無料で再検査する。

 同社によると、車検の不正があったのは新潟、新津、豊栄、三条、レクサス新潟の5店。北陸信越運輸局新潟運輸支局が8日に新潟店を定期監査し、発覚した。その後、同社が社内調査し、新潟店以外の4店舗でも不正が明らかになった。

 不正はいずれも点検、整備後の検査に当たる項目。輪留めを使わずにパーキングブレーキの利きを確認したり、一部の整備未完了車両に保安基準適合証を発行したりしていた。

 同社は対象車両の持ち主に各店から電話で連絡し、無料で再検査する。不安がある顧客についても、要望があれば再検査に応じる。

 同社新車部の京昭弘部長は新潟日報社の取材に対し、「お客さまにご迷惑とご心配をおかけし、心よりおわび申し上げる。今後は安心安全のために再発防止に努める」と謝罪した。

 車検不正に関する問い合わせは新潟トヨタ自動車代表、025(281)7111。月曜定休。