新潟県直営の知的障害者総合援護施設「コロニーにいがた白岩の里」(長岡市)の運営について、県が公設民営方式への移行を軸に検討を進めていることが31日までに、分かった。県は関係者と話し合いを進め、公設民営化のための条例改正を経た上で指定管理者を公募する方針だ。

 コロニーの運営主体を巡っては、外部有識者でつくる県の検討委員会が昨年3月、県立施設として維持しつつ民間による運営が適当とする報告書をまとめ、…

残り358文字(全文:567文字)