東北電力は31日、新潟県上越市八千浦に建設中の上越火力発電所1号機の試運転を開始したと発表した。同市をはじめとする管内への送電を試験し、12月の営業運転開始を目指す。

 最大出力は57万2千キロワット。一般家庭約80万世帯の年間使用量に相当する発電を見込んでいる。ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた「コンバインドサイクル発電」を採用し、世界最高水準の熱効率63%以上を目指す。

 試運転では今後、…

残り106文字(全文:323文字)