新潟ヤングの卒団式で、阿部総監督から卒団証書を受け取る選手=3月12日、新潟市北区
新潟ヤングの卒団式で、阿部総監督から卒団証書を受け取る選手=3月12日、新潟市北区

 いち早く硬球に慣れ、高校野球で活躍する「近道」とされる中学硬式。県内でも硬式チームの結成が進むにつれ、県勢の甲子園勝利が増えた傾向がある。

 県内の中学硬式で最も勢力が大きい「リトルシニア」は、卒団後の高校部活加入率が高い。関係者は「90%は超えている」と推測。強豪高に進み、活躍する選手も多い。そうした実績も手伝い、選手数は安定。2021年度は全13チーム中、8チームが30人以上を誇った。

 ただ、…

残り962文字(全文:1179文字)