任期満了に伴う新潟県燕市長選が3日、告示された。午前11時現在、届け出順に、いずれも無所属で現職の鈴木力氏(61)、新人で元市職員の更科晃氏(58)の2氏が立候補を届け出た。2006年以来、16年ぶりの選挙戦となる。10日に投票、即日開票される。

 無投票で3期12年続いた鈴木市政の評価が争点となる。

 鈴木氏は杣木の事務所で出陣式を行い「積み上げた実績と何をやるかを市民に訴え、支持を得たい」と決意…

残り201文字(全文:418文字)