新潟県は30日、上越地域の今後の医療圏の在り方を議論するたたき台として、現在の11医療機関の役割分担を示した「イメージ案」を公表した。県立中央病院(上越市)を、高度医療を支える中核的な医療機関と位置付けるなど役割に応じて三つのカテゴリに分類。これを基に今後議論を進めていくことを関係者が確認した。

 同日上越市で開かれた県市や医療関係者らが議論する上越糸魚川地域医療連絡協議会・上越地域医療構想調整会…

残り627文字(全文:836文字)