季節ごとに異なるJR只見線の美しさを捉えた写真展=魚沼市清本
季節ごとに異なるJR只見線の美しさを捉えた写真展=魚沼市清本

 新潟県魚沼市と福島県を結ぶJR只見線の四季折々の表情を捉えた写真展が、同市の神湯温泉倶楽部(くらぶ)で開かれている。雪原や穂波といった身近な景色と走行する列車との共演を美しく切り取った作品が並ぶ。

 只見線の小出-大白川間の開通から今年で80周年となることを記念して神湯温泉が企画。市内の会社員でアマチュアカメラマンの星野正昭さん(73)に依頼した。星野さんは10年ほど前から趣味で写真を撮り始め、昨…

残り178文字(全文:387文字)