新潟県は本年度、部局を再編し、環境局と観光文化スポーツ部を新設した。県が重要課題として取り組む脱炭素社会の実現と、交流人口の拡大の旗振り役となる。環境局の玉木有紀子局長(57)と観光文化スポーツ部の妹尾(せのお)浩志部長(41)=国土交通省出身=に新設の狙いや今後の抱負を聞いた。

環境局長 玉木有紀子氏(57)

-環境局設置の狙いはどこにありますか。

 「世界規模の課題である環境問題は、産業や農林水産…

残り1154文字(全文:1379文字)