国土交通省は6日までに、2022年度予算の成立を受け、新潟市中央区の新潟バイパスと市中心部を結ぶ万代島ルート線のうち、栗ノ木橋交差点-柳都大橋間を「沼垂道路」として新規事業化した=地図参照=。既に新潟バイパス紫竹山インターチェンジ(IC)側から工事が進んでおり、古町地区の一部を除き、大半の区間が事業化されたことになる。

 万代島ルート線は新潟バイパスの紫竹山ICから、柳都大橋を経て、寄居町交差点を…

残り377文字(全文:586文字)