新潟県上越市は2022年度、ふるさと納税の返礼品に地場産品を追加するなど制度の活用を本格化させる。同市は県内3番目の人口規模にもかかわらず寄付額は県内30市町村で最下位クラスだが、市長が交代したことで取り組みを積極的に進める方針に転換した。県内には50億円近い額を確保する自治体もあり、後発組として巻き返しを図れるか注目が集まりそうだ。

 ふるさと納税を巡り、昨年引退した村山秀幸前市長は「元来は返礼…

残り427文字(全文:636文字)